観光スポット

会津平の豊かな恵みを受け、東北一の要所として歴史的にも栄えてきた会津の地。多くの支配層が入れ替わりながらも、自然にも恵まれ、文化も栄え、会津という文化圏は営々と、この地にて豊かに育まれてきた。歴史を宿す史跡・旧跡、伝統を墨守する寺社、そして、自然の恩寵を受けた名勝地に温泉郷。文化施設や工房などでは、その文化を体験して―。会津の観光スポットを堪能し尽くす。

[ カテゴリー ]

[ エリア ]

観光スポット全一覧

鶴ヶ城天守閣・城址公園

史跡・旧跡

展示・観光施設

会津若松エリア

至徳元(1384)年、葦名直盛公が東黒川館を築いたのが始まりと言われており、その後、蒲生氏郷公により、七層の天守(諸説あり)が竣工され「鶴ヶ城」と改名。慶長16(1611)年の会津地震で倒壊するも、加藤氏の時代に、現在見られるような五層の天守閣となった。保科正... [詳細をみる]

會津藩校 日新館

体験スポット

展示・観光施設

会津若松エリア

江戸時代の太平が200年も続いた頃、かつて厳格だった士道は弛み、道徳心も廃れ、そこへきて、“天明の大飢饉”が起こった。そういった危機の時代にあって、家老・田中玄宰(はるなか)は、5代藩主・松平容頌(かたのぶ)に、藩政の改革を進言。“教育の振興”をその改革の中心... [詳細をみる]

旧滝沢本陣 横山家住宅

史跡・旧跡

展示・観光施設

会津若松エリア

江戸へ続く旧白河街道の滝沢口(滝沢峠の登り口)に佇む、「旧滝沢本陣 横山家住宅」。参勤交代や領内巡視の際の、歴代藩主の休憩所となったこの由緒正しき古民家は、幕末の戊辰戦争の際には会津藩の大本営とされ、時の藩主・松平容保(かたもり)公は、この御本陣より悲壮な覚悟... [詳細をみる]

会津慶山焼 やま陶

体験スポット

会津若松エリア

「会津慶山焼」は、文禄元(1592)年、時の会津藩主・蒲生氏郷(がもううじさと)公が、鶴ヶ城の前身である黒川城に屋根瓦を葺く際、肥前国の唐津から陶工を招いたのが始まりとされている。その後、慶山焼は、大掛かりな資材から日用の器へと制作の場を移し、広く人びとに親し... [詳細をみる]

小澤蝋燭店

体験スポット

会津若松エリア

会津若松市の繁華街、若松市役所の程近くに、どっしりと時が積もった店構えの、会津の伝統工芸品店が佇んでいる。会津の名産品・「会津絵ろうそく」を今に伝える「小澤蝋燭(ろうそく)店」。徳川8代将軍・吉宗公の時代から連綿と続くこの老舗では、さまざまな柄の美しい「絵ろう... [詳細をみる]

野口英世青春館・会津壹番館

史跡・旧跡

展示・観光施設

会津若松エリア

幼少期、手に大やけどを負った野口英世だが、その左手の手術を受けた「旧会陽医院」の建物が、会津若松市の“野口英世青春通り”に残っている。今では、1階は喫茶店・「會津壹番館」として、2階は資料館・「野口英世青春館」として、現地の方々や観光客に親しまれている。明治1... [詳細をみる]

会津新撰組記念館(骨董むかしや)

展示・観光施設

会津若松エリア

戊辰戦争の頃、新選組副長・土方歳三が宿泊した清水屋旅館跡や、会津新選組隊長・斎藤一(藤田五郎)が眠る阿弥陀寺があるなど、新撰組とゆかりのある、七日町。その七日町駅のすぐ近くに、「会津新撰組記念館(骨董むかしや)」は、建っている。明治22(1889)年に建てられ... [詳細をみる]

竹藤民芸店

体験スポット

会津若松エリア

寛永元(1624)年創業の「竹藤民芸店」―。酒どころの地・会津にあって、酒桶の“たが”として大量に消費された竹を扱う問屋として興り、「竹藤」は現在まで、その商いを連綿と続けている。160余年の星霜を重ねる現店舗は、会津最古の商家建築として「会津若松市歴史的景観... [詳細をみる]

御薬園 会津松平氏庭園

史跡・旧跡

自然・名勝地

会津若松エリア

室町、葦名氏の時代に葦名盛久公が、霊泉が湧いたこの地に別邸を建てたのが、はじまりと伝えられる。その後、会津松平氏の三代目・松平正容(まさかた)公によって、大大名に相応しい池泉回遊式の山水庭園へと改造され、以後、歴代藩主に愛され続けてきた。昭和7年に国の名勝にも... [詳細をみる]

会津東山温泉

史跡・旧跡

温泉

会津若松エリア

会津若松市の中心地から東へ車でわずか10分程度、その山間の渓谷に広がる、温泉楽土「会津東山温泉」。この会津の奥座敷の良泉は、今から約1300年前、名僧・行基によって見出されたとされ、“奥羽三楽郷”のひとつにも数えられている。市街地からこれ程まで近い場所に、ここ... [詳細をみる]

磐梯高原

自然・名勝地

猪苗代・磐梯高原エリア

猪苗代湖の北に聳える「磐梯山」は、標高1816m。「会津磐梯山」とも「会津富士」とも称され、日本百名山にも数えられる秀峰にして、もはや、会津のひとつの“象徴”。古くは万葉の時代より「会津嶺」として親しまれ、また、その「磐梯山」の名は、“天に掛かる岩の梯子(はし... [詳細をみる]

会津武家屋敷

体験スポット

史跡・旧跡

展示・観光施設

会津若松エリア

会津の城下町から奥座敷、東山温泉へと向かう道筋。ちょうど渓谷の入り口にさしかかろうかという所に、ミュージアムパーク「会津武家屋敷」がある。七千坪の広大な敷地には、会津藩家老・西郷頼母邸を復元した「家老屋敷」、県指定重要文化財の「旧中畑陣屋」、「藩米精米所」など... [詳細をみる]

茶室麟閣

史跡・旧跡

会津若松エリア

会津若松興隆の基礎を築いた蒲生氏郷公。勇猛な武将であり、築城や経済振興の手腕も併せ持つ名君として知られる公はまた、茶の湯を愛し、利休七哲の筆頭に挙げられる程の優れた文化人でもあった。利休が秀吉の勘気を被り、死を命じられた後、公は師への敬慕と茶道衰退を惜しむ気持... [詳細をみる]

飯盛山 白虎隊十九士の墓

史跡・旧跡

会津若松エリア

齢16~17の少年たちによって編成された白虎隊は、戸ノ口原合戦から退却し辿り着いた飯盛山で、鶴ヶ城の天守を覆い隠す、激しい炎と濛々たる黒煙を目にする。その時、隊士の間では城に戻り戦うか、敵陣に斬り込み一人でも多く道連れにするか、激論が交わされた。結果、彼らが選... [詳細をみる]

飯盛山 ローマ市寄贈の碑

史跡・旧跡

会津若松エリア

長い階段の先に辿り着く、白虎隊十九士が眠る地に佇む碑。その太い柱の上では鷹が今にも飛び立とうとしている。昭和3年、白虎隊の武士道の精神に共感を覚えたローマ市から寄贈された。表面に「文明の母たるローマは、白虎隊勇士の遺烈に、不朽の敬意を捧げんがため古代ローマの権... [詳細をみる]

飯盛山 会津さざえ堂

史跡・旧跡

寺社

会津若松エリア

「会津さざえ堂」(国指定重要文化財)は正式名称を「円通三匝堂(えんつうさんそうどう)」といい、寛政8(1796)年、福島県会津若松市の飯盛山に建立された、高さ16.5メートル、六角三層の仏堂である。 二重螺旋構造の堂内には西国三十三観音像が安置されていて、参... [詳細をみる]

阿弥陀寺

史跡・旧跡

寺社

会津若松エリア

会津若松の七日町にある阿弥陀寺は、慶長8(1603)年、蒲生秀行(がもうひでゆき)公から土地を賜った良然(りょうねん)上人による開山が始まりとされている。しかし、由緒あるこの寺院は、二度の火災で建物が焼失。戊辰戦争後、昭和30(1955)年に本堂を再建するまで... [詳細をみる]

光明寺

史跡・旧跡

寺社

会津若松エリア

会津若松市門田町一ノ堰の地に静かに佇む寺院。鶴ヶ城の南方に位置する一ノ堰では、会津戦争の終盤、9月15日から17日にかけて、城への食料補給路の確保をめぐり、会津藩士と新政府軍との激しい戦闘が起こって、多くの戦死者が出た。これを「一ノ堰の戦い」という。光明寺には... [詳細をみる]

長命寺

史跡・旧跡

寺社

会津若松エリア

長命寺は、京都本願寺第12世教如上人によって江戸時代初期に建てられた本願寺輪番(寺役を順番に交替して務める出先機関)より興り、その後、保科正之(ほしなまさゆき)公の時代に、現在の場所へと移された。それと同じころに、輪番制(寺役持ち回りの制度)が廃止され、世襲の... [詳細をみる]

伊佐須美神社

寺社

会津若松エリア

福島県大沼郡会津美里町宮林にある『伊佐須美(いさすみ)神社』は、会津の総鎮守として昔から親しまれ、祭神である大毘古命(オオヒコノミコト)と建沼河別命(タケヌナカワワケノミコ)トが相合ったため相津「会津」という地名が起こったとの伝説がある、約2000年もの歴史を... [詳細をみる]

一ノ戸川橋梁

自然・名勝地

喜多方エリア

1908(明治41)年に架橋された「山都の鉄橋」との相性で親しまれている『一ノ戸川橋梁』は、福島県喜多方市にある東日本旅客鉄道(JR東日本)磐越西線の阿賀野川水系一ノ戸川にかかる16支間445m、高さ24mの鉄橋。一ノ戸川の谷は、谷底に水田が広がるほど広いこと... [詳細をみる]

猿楽台地

自然・名勝地

南会津エリア

下郷町の南西部にある『猿楽台地(さるがくだいち)』は、昭和40年代に国営農地開発事業により整備された約40haもの面積を誇るそば畑。平成10年度に農林水産省が主催した「第7回美しい日本のむらコンテスト」の生産部門で農林水産大臣省に輝き、日本一のそば畑と評判。ま... [詳細をみる]

会津葵シルクロード文明館

展示・観光施設

会津若松エリア

鶴ヶ城のお堀の側にあるは『会津葵シルクロード文明館』は、海と陸のシルクロードから集めた美の遺産を収蔵・展示する煉瓦蔵の平成4年4月にオープンした小さな美術館。一階は「南蛮かすてあん・会津葵」の銘菓売り場、二階と三階は「シルクロード美術館」。また喫茶室「西遊館」... [詳細をみる]

会津慈母大観音像

展示・観光施設

会津若松エリア

福島県会津若松市。国道49号線を走っていると見えてくる『会津慈母大観音像』は、四季折々に彩られる6万坪の巨大な日本庭園「やすらぎの郷・会津村」内にある高さ57mの巨大な仏像。ツルカメ建設株式会社の故「芳賀昇之助」さんが、総工費10億円かけて1986年に建立。全... [詳細をみる]

会津大鎮守・諏方神社

寺社

会津若松エリア

会津大鎮守・諏方(すわ)神社は、会津大鎮守六社のひとつで、福島県会津若松市に鎮座する格式の高い神社。創建永仁2年(1294)、御祭神は建御名方神(タケミナカタノカミ)です。黒川城主「葦名盛宗」が信州諏訪神社に戦勝祈願をしたところ、戦わずに勝利したことから信州よ... [詳細をみる]

観音沼森林公園

自然・名勝地

南会津エリア

『観音沼森林公園』は、標高1640mの観音山の麓にある観音沼周辺を一帯とした昭和60年に整備された森林公園。以前は秘境と言われていましたが2008年に国道289号が開通。白河方面から南会津方面へのアクセスが便利になったことから、秋の紅葉シーズンにはたくさんの観... [詳細をみる]

曲沢沼

自然・名勝地

猪苗代・磐梯高原エリア

裏磐梯の曽原湖の近くにある小さな沼『曲沢沼』は、全国からカメラマンが多く集まる屈指の紅葉スポット。西に傾いた日がスポットライトのように差し込み独特の雰囲気が特徴。紅葉時には色づいた木々が湖面に映り込み、水と森が見せる一瞬の光景はシャッターを切るのも忘れてしまう... [詳細をみる]

幻の滝

自然・名勝地

猪苗代・磐梯高原エリア

観光有料道路「磐梯山ゴールドライン」の展望ポイントのひとつ『幻の滝』は、2007年に遊歩道と駐車場が整備されるまでは、地元の人にもあまり知られていなかった、その名の通りの幻の滝。落差約13m。木立の中に突如として現われ、茶色い岩壁を何段にもなって流れ落ちる姿は... [詳細をみる]

五色沼

自然・名勝地

猪苗代・磐梯高原エリア

福島県耶麻郡北塩原村桧原に位置し、国立公園の特別保護地区に指定されている『五色沼』は、約3.6キロに点在する20~30の沼の総称。(別名 五色沼湖沼群)。1888年7月15日、磐梯山頂北側、小磐梯を含む部分が水蒸気爆発によって山体が崩壊。「遠藤現夢」が私財を叩... [詳細をみる]

弘安寺

寺社

会津若松エリア

会津美里町の新鶴地域にある会津三十三観音の三十番札所『弘安寺』は、弘安2年に建立。長患いをせずに往生できるよう祈願する「ころり三観音」の一つ。野口英世の母シカが厚く信仰したお寺として有名。御本尊の「中田の観音様」と呼び親しまれている「十一面観世音菩薩」は縁結び... [詳細をみる]

沼尻軽便鉄道

展示・観光施設

猪苗代・磐梯高原エリア

『沼尻軽便鉄道』は、かつて沼尻鉱山の硫黄を運ぶことを目的に、大正2年から運行開始。その後、鉱山の好景気とともに湯治客、スキー客や沿線の人々の足として沼尻駅と川桁駅の間16km、昭和44年までの57年間人々の足として、多くの人々に「マッチ箱」「豆汽車」との名称で... [詳細をみる]

新宮熊野神社

寺社

喜多方エリア

古の歴史と文化がいまも色濃く残る、福島県喜多方市慶徳町新宮にある『新宮熊野神社』は、応徳3(1085)年に造宮。日本の聖地のひとつにとされた熊野三山を祭る神社には、鎌倉初期に建立された国指定の重要文化財である、内部に仕切りや建具のない吹き抜け構造の壮大な建物「... [詳細をみる]

石部桜

自然・名勝地

会津若松エリア

福島県会津若松市にある市指定天然記念物『石部桜』は、会津を代表する五桜のひとつ。桜は野生種の一つ「エドヒガン」、樹高11m、10本の幹全体の枝張は20m。推定樹齢約650年以上。中世会津の領主葦名氏の重臣、「石部治部大輔」の庭にあった遺愛の木であると言い伝えて... [詳細をみる]

大内ダム

自然・名勝地

南会津エリア

福島県南会津郡下郷町に位置する『大内ダム』は、一級河川・阿賀野川水系小野川の最上流部に、水源である大内沼地点に上部調整池を設けることで揚水発電を行う計画を目的に1974年に着工。19年の歳月を掛け1991年(平成3年)に完成した、中央土質遮水壁型ロックフィルダ... [詳細をみる]

大内宿

展示・観光施設

南会津エリア

大内宿エリア

福島県 南会津郡下郷町の南会津の山中にある、昭和56年4月18日に、国の伝統的建造物群保存地区に選定されている『大内宿』。会津から2番目の宿駅として1640年ごろに整備。かつて旅人や参勤交代の大名行列が、旅の疲れを癒す宿場町として栄えたそうです。また紅葉スポッ... [詳細をみる]

中津川渓谷

自然・名勝地

猪苗代・磐梯高原エリア

吾妻山を流れて秋元湖に注ぐ、全長約10km、標高差1000m中津川の急流から作られた秘境『中津川渓谷』は、秋にはカエデ、ハンノキ、ヤマザクラなど広葉樹が、谷を赤や黄色に染める光景は素晴らしく、裏磐梯随一の紅葉スポット。中津川レストハウス駐車場裏手から、徒歩15... [詳細をみる]

猪苗代湖

自然・名勝地

猪苗代・磐梯高原エリア

長浜下車すぐ福島県のほぼ中央に位置し、磐梯朝日国立公園に属する『猪苗代湖』は、面積103.32平方km、深さ93.5mの淡水湖。福島県最大、日本全国からみると琵琶湖、霞ヶ浦、サロマ湖に次いで4番目に広い湖。水質は、湖に注ぐ長瀬川が火山性の酸性水のため、水中の植... [詳細をみる]

鶴ヶ城稲荷神社

寺社

会津若松エリア

福島県会津若松市、鶴ヶ城内にある『鶴ヶ城稲荷神社』は、約600年前に城がつくられた頃から、守護神として祀られていたと伝えられており、御祭神は宇迦魂命(ウカノミタマノミコト)。食物神・農業神・殖産興業神・商業神・屋敷神であり、日本で最も親しまれている神様の1つ「... [詳細をみる]

塔のへつり

自然・名勝地

南会津エリア

福島県南会津郡下郷町にあり、大川羽鳥県立自然公園の一角を占める景勝地として知られる『塔のへつり』は、百万年の歳月をかけて、浸食と風化を繰り返しできた柱状の断崖。その特異な形から、1943年に国の天然記念物に指定。へつりの名称は、会津地方の方言で「壁を伝って移動... [詳細をみる]

東麻生の種蒔

自然・名勝地

会津若松エリア

東麻生集落の西、水田内に張り出した共同墓地に立つ東麻生の種蒔桜は、推定樹齢300年以上、2つに分かれた幹周りは、それぞれ5.7m、1.6m。会津若松市の中でもトップクラスの巨木。種もみの蒔き時を告げる桜として地元の住民にも大事にされており、旺盛な花付きと見事な... [詳細をみる]

湯野上温泉駅

体験スポット

南会津エリア

福島県 南会津にある会津鉄道の駅『湯野上温泉駅』は、駅名標には「江戸風情と湯けむりの里」と書かれ、情緒溢れる駅です。昭和7年に開業。日本全国に約9800駅あると言われていますが、大内宿の街並みになぞらえた茅葺屋根の駅舎を有する駅は日本で唯一『湯野上温泉駅』のみ... [詳細をみる]

毘沙門沼

自然・名勝地

猪苗代・磐梯高原エリア

明治20年、磐梯山北側の小磐梯山が小規模な爆発をおこし、多くの湖沼が出来た多数の沼の総称、五色沼の中で最大の沼『毘沙門沼』。標高780mに位置。周囲4㎞。深さ13m。沼の水は無色透明ですが、湖底から酸性の鉱泉が湧き酸性の水は温泉のアルカリ成分によって中和。光の... [詳細をみる]

桧原湖

自然・名勝地

猪苗代・磐梯高原エリア

福島県耶麻郡北塩原村に位置し、磐梯朝日国立公園に属する『桧原湖(ひばらこ)』は、1888年7月15日に磐梯山の噴火に伴う山体崩壊によりできた最大水深31m、湖岸周31.5kmの地域最大の湖。噴火の際には500人以上の犠牲者と現在の湖底の位置にあった桧原村が水没... [詳細をみる]

法界寺

寺社

会津若松エリア

福島県 河沼郡会津坂下町にある『法界寺』は、室町時代の永享10年(1438)創建。境内には、中野こう子、竹子、優子の親子、依田まき子、水島菊子、岡本すま子など、会津藩の婦女子によって結成された「娘子隊」と呼ばれた一人・中野竹子の墓があることで有名。また、竹子愛... [詳細をみる]

龍興寺

寺社

会津若松エリア

福島県大沼郡会津美里町にある天台宗の寺院『龍興寺(りゅうこうじ)』は、嘉祥年中(848~850年)に慈覚大師が開山として伝えられており、また会津に産まれ、徳川家康の顧問的な存在だった「天海大僧正」が出家した寺としても有名。境内には天海の両親のものと思われる墓が... [詳細をみる]

ニッポニアニッポン公式サイト

ページの先頭へ戻る