spot_title

五色沼

〒966-0401
福島県耶麻郡北塩原村桧原
TEL. 0241-32-2349
(裏磐梯観光協会)

[営業時間]
定休日/年中無休
[アクセス]
JR磐越西線猪苗代駅から
磐梯東都バス喜多方行きで25分、
五色沼入口下車、徒歩10分
※駐車場/あり(無料)

[紅葉の見頃]
10月中旬~10月下旬

基本情報

福島県耶麻郡北塩原村桧原に位置し、国立公園の特別保護地区に指定されている『五色沼』は、約3.6キロに点在する20~30の沼の総称。(別名 五色沼湖沼群)。1888年7月15日、磐梯山頂北側、小磐梯を含む部分が水蒸気爆発によって山体が崩壊。「遠藤現夢」が私財を叩いて、土砂・岩によって荒れた地域を再生させようと植林を始めたのがきっかけ。流入している火山性の水質の影響や、植物・藻などの影響で、沼が、緑、赤、青などの様々な色彩を見せることから、今では散策路が整備され、宿泊施設が集まるなど、観光地として多くの人が訪れる人気のスポットとなっています。

こだわり・みどころ

紅く染まった葉色が青々と神秘的な沼を彩る

コバルトブルーやエメラルドグリーンなど神秘的な青色の湖沼が点在する、磐梯山のふもとに広がる五色沼は、人気の紅葉スポットとしても知られ、毎年10月中旬~10月下旬まで楽しめます。特におすすめは、五色沼のなかで最も大きな『毘沙門沼』。ボートにも載ることができ、紅葉の赤、マツの緑、沼の神秘的な青が絡んで抜群の景色を見ることが出来ます。また磐梯山の荒々しい火口壁も見られます。

何度でも訪れたくなる不思議な魅力

『五色沼自然探勝路』は、バス停の「五色沼入口」と「磐梯高原駅」を結ぶ、比較的平坦で歩きやすい約1時間10分の探勝路。それぞれの沼の色が違いコバルト色、青色、銅色、コバルトブルー、エメラルドグリーンに輝く「毘沙門沼、赤沼、深泥沼、弁天沼、るり沼、青沼、柳沼」など10あまりの沼の光景を楽しむ事ができます。おすすめは、紅葉シーズン。また6月頃には多くの野鳥、積雪期には、トレッキングなど、四季を通して美しい風景が見られ、何度も訪れたくなるような心安らぐ不思議な魅力に満ちています。

noimage

トレッキングで疲れたら『裏磐梯ビジターセンター』へ

五色沼をはじめ裏磐梯のトレッキングや自然についての情報を提供している北塩原村の村営の施設『裏磐梯ビジターセンター』は、レンゲ沼のウォーキングコースの入口にあります。施設内には、無料の「休憩コーナー」や、美味しいケーキやコーヒーが注文できる「喫茶コーナー」、天然の雪を使ったクーラーが楽しめる夏の季節に嬉しい「雪室」など、トレッキング中の休憩所として人気がある施設です。

noimage
ニッポニアニッポン公式サイト

ページの先頭へ戻る