spot_title

野口英世青春館・会津壹番館

〒965-0878
福島県会津若松市中町4-18
TEL.0242-27-3750
FAX.0242-26-4579

[営業時間]
8:00~20:00
定休日/年中無休
[料金]
[野口英世青春館]入館料100円
[アクセス]
ハイカラさん・バス停「野口英世青春館前」下車すぐ

基本情報

幼少期、手に大やけどを負った野口英世だが、その左手の手術を受けた「旧会陽医院」の建物が、会津若松市の“野口英世青春通り”に残っている。今では、1階は喫茶店・「會津壹番館」として、2階は資料館・「野口英世青春館」として、現地の方々や観光客に親しまれている。明治17(1884)年に建てられた、黒壁が目に映えるこの蔵造りの洋館で、野口英世が青春を送ったのだと思うと、とても感慨深い。

こだわり・みどころ

1階の喫茶店・會津壱番館で楽しむスローな時間

コーヒー豆一粒一粒を選別し、悪い豆だけを取り除いてから丹念に焙煎。そのこだわりのコーヒーは文句なく美味しい。野口英世とゆかりのある国の豆を使用するなど、そこにも深いこだわりを感じる。手作りケーキも人気が高く、昔風情あふれる店内にて、忙事を忘れて、しばし、ゆるりとぜいたくな時間を―。なお、店内で使用しているカップ類は購入可能(コーヒーカップ1200円、マグカップ800円)。

◇野口英世のイラストが入ったコーヒーカップが、実に可愛い

医師・英世誕生の地にて、英世の青春を知る

会津若松市内に、今なお残る「旧会陽医院」。野口英世は、この医院で左手の手術を受け、医学の素晴らしさに感動し、そして、医学者としての第一歩を踏み出した。ここには、野口英世に関する様々な資料が、数多く展示されている。青年・英世が、どのような大志を抱いて、世界に冠する医学者にまで成ったのか、ゆかりの土地で、そっと想いを馳せる―。

◇レトロな雰囲気の中で、偉大な医学者と同じ空気を

ニッポニアニッポン公式サイト

ページの先頭へ戻る