spot_title

中津川渓谷

〒969-2701
福島県耶麻郡北塩原村大字桧原
TEL. 0241-32-2349(裏磐梯観光協会)

[営業時間]
レークライン通行時間は季節により異なる
定休日:
レークライン11月下旬~翌4月中旬、
通行期間中は無休
[アクセス]
磐越道猪苗代ICから国道115号を福島方面へ車で30km
※駐車場/あり(無料)55台大 型5台
中津川渓谷レストハウスの駐車場利用

[紅葉の見頃]
10月中旬~下旬

基本情報

吾妻山を流れて秋元湖に注ぐ、全長約10km、標高差1000m中津川の急流から作られた秘境『中津川渓谷』は、秋にはカエデ、ハンノキ、ヤマザクラなど広葉樹が、谷を赤や黄色に染める光景は素晴らしく、裏磐梯随一の紅葉スポット。中津川レストハウス駐車場裏手から、徒歩15分程度で渓谷へ行ける気軽さも人気の理由になっています。

こだわり・みどころ

裏磐梯随一の紅葉スポット

中津川渓谷へ向かうのには、磐梯吾妻レークラインの途中にあるレストハウスより徒歩15分程度。秋の紅葉シーズンには、秋元湖へと流れる清流が、涼しげな音で耳を癒し、自然が造り出した美しい景観と、紅葉の素晴らしいコントラストは、一言ではまとめきれないほどの美しさ。きっと「来て良かった」と思うこと間違いなし。裏磐梯随一の紅葉スポットとなります。

中津川渓谷は、春の季節もおすすめ

中津川渓谷は紅葉スポットして有名ですが、春の季節もおすすめ♪。ブナ、ナラ、カエデなどの広葉樹が一斉に芽吹き、コルリやオオルリが「ピリーリー、ポィヒーリー、ピールリ、ピールリ、ジィ、ジィ」とさえずり、川のBGMとあわさり心地よい音を奏でます。またおいしい空気にリフレッシュすること間違いなし。ぜひ裏磐梯にお越しの際は、中津川渓谷まで、足を伸ばしてみてくださいね。

noimage

中津川渓谷向かう前は、休憩や食事ができるレストハウスへ

『中津川渓谷レストハウス』は、中津川渓谷に向かうコースの入り口付近にあり、トイレ利用や休憩所として便利。お土産も多く販売しており、食事や軽食もできます。特におすすめは、ボリューム満点のカツと自家製ソースとの相性が絶妙の「ソースカツ丼」。他にも会津地鶏の肉と卵を使った「会津地鶏そぼろ丼」や、猪苗代産のそばを使った「手打ち皿そば」も美味しい。また吾妻山系のおいしい水で淹れたコーヒーも味わい深くおすすめ。是非、中津川渓谷に行く際や、帰り際に立ち寄って欲しいレストハウスとなります。

noimage
ニッポニアニッポン公式サイト

ページの先頭へ戻る