spot_title

元祖 飯盛山 会津ソース串かつ 串鶴

〒965-0003
福島県会津若松市一箕町八幡弁天下16
TEL. 0242-32-6094
FAX. 0242-26-4520

[営業時間]
10:00~16:00
定休日/不定休(イベント・催事による臨時休業あり)
冬季(12月1日~3月中旬)は基本的に休業
(※天候・積雪状況による)
[アクセス]
[車]鶴ヶ城から約8分、東山温泉から約8分

基本情報

白虎隊士らが眠る飯盛山の参道に、可愛らしい店構えの串かつ屋さんがある。会津指折りの観光名所の入り口にあって、地元の人にも、道行く観光客にも深く愛されている、「元祖 飯盛山 会津ソース串かつ 串鶴」―。「串鶴」の串かつは、気軽に求めやすいお値段で、しかも、手軽に口に運ぶことができるとあって、飯盛山散策のお供として大いに親しまれている。また、その手軽さの中にも、徹底した“会津の素材”へのこだわりがあって、“味そのもの”で、しっかりとお客さんの心を掴んでいるのが、「串鶴」のすごいところ。常により良い味を求め続ける「串鶴」の、その姿勢にこそ、ファンは魅せられているのだろう。

こだわり・みどころ

「会津」の具材にこだわった、お手頃にしてぜいたくな逸品

「串鶴」は、地元・“会津”の具材に、どこまでもこだわる。「豚串」には会津ファーム産の豚を使い、「ムネ串」「ササミ串」には、会津の高級食材・「会津地鶏」を惜し気もなく使用している。その徹底した地産へのこだわりから、「会津ブランド地域産品」にも認定されている「串鶴」の串かつ。そのこだわりの一徹さ―、ただただ、お見事。

◇「豚串」210円、「ムネ串」315円、「ササミ串」315円

こだわりの最たるは、やっぱり秘伝のソース

串の具材もそうだが、やはり、ソース串かつ屋のこだわりの最たるは、濃厚な自家製ソース。揚げたての具材にからむ、この、まろやかで深い甘みをもつソースは、一度味わったら、やみつきになること間違いなし。ちなみに、このソースも会津産のしょうゆをベースとしている。これは2012年1月に、「串鶴ソース(黒・ソース/赤・旨みそ)」として市販化されているので、ぜひお求めあれ。

◇ソースが絡む串の、その香りはたまらない

究極のサービス業としての、誇り

屋台からスタートした「串鶴」だが、積極的に全国のデパートの物産展やイベントに出店するなどして、サービスを磨いてきた。「究極のサービス業だと思っている」と語る、ご店主の奥さんの言葉通り、「串鶴」のお客さんへの接し方には、偽りのない“おもてなし”の心が込もっている。一本一本心を込めて串かつを揚げ、最高の品でお客さんに喜んでもらいたい。その揺るぎない心意気に、会津人の美意識が垣間見られるような気がする。

◇「ばくだん(半熟たまご/210円)」「いもけんぴ(300円)」も人気

ニッポニアニッポン公式サイト

ページの先頭へ戻る