spot_title

奇祭・高田大俵引き

[開催時期]
毎年1月第2土曜
[開催場所]
会津美里町・目抜き通り
(福島県会津美里町高田甲2990付近)
JR「会津高田駅」から徒歩20分
磐越道「会津若松IC」から国道401号経由で12km、30分
※駐車場あり:無料100台
[料金]
無料
[お問い合わせ]
会津美里町観光協会 TEL. 0242-56-4882

基本情報

毎年、1月の第2土曜に、福島県会津美里町にて行われる会津の奇祭「高田大俵引き」。下帯一本の男衆が大俵を中心に紅白に別れ、新たな年での開運と五穀豊穣を願いながら、大綱を引き合う勇壮な裸祭りだ。商工関係者の赤(紅)組が勝つと商売繁盛、農業関係者の白組が勝つと豊作になると伝えられていることから、この大綱引きはまさに真剣勝負そのもの。3本勝負により決せられ、年始早々、観衆らも白い息を吐きながら固唾を飲んで、その勝負の行方を見守る。400年の伝統が宿る会津の奇祭は、必見!

こだわり・みどころ

赤引け、白引け!熱気立ち昇る真剣勝負

引き合う大俵の大きさは、なんと直径3m、高さ5m、重さに至っては3tにも及ぶ。平成通り交差点にて、青年らによる大俵の引き合い(護守銭棒争奪戦)が始まると、その熱気で会津の大寒も吹き飛ばされ、観客たちも思わず手に汗握る。400年の伝統をそのまま残す会津の奇祭は、いとも雄々しい。

◇男衆らの大きな身体すら圧する大俵の巨大さは、只々、圧巻!

よいしょ、よいしょ!一般客による引き合いも

このお祭りは一般客でも参加可能。ぜひ、大俵の引き子、神輿担ぎ手の引き子・俵神輿担ぎ手となって、会津の伝統の懐深くに触れてみよう。そして、その引き合いの後に撒かれるのは、365個の福小俵。これは、無病息災を祈って撒かれるもの。さあ、この縁起物を手に入れて、今年一年、健やかに!

◇太鼓もトテテンと、会場の空気を熱く揺らす

ニッポニアニッポン公式サイト

ページの先頭へ戻る