spot_title

鶴ヶ城さくら祭り

[開催時期]
4月(桜の開花時期に合わせて)
[1日目(宵宮)]18:30~20:00
[2日目(本宮)]10:30~15:30
※[夜桜ライトアップ]4月12日~5月6日、日没~21:30
(開花期間終了の場合は20:30まで)
[開催場所]
鶴ヶ城本丸ほか
ハイカラさん・あかべぇ「鶴ヶ城入口」下車5分
[お問い合わせ]
[開花情報]会津若松市観光公社 TEL. 0242-27-4005
[さくら祭り]会津若松観光物産協会 TEL. 0242-24-3000

基本情報

鶴ヶ城公園の桜の開花時期に合わせて神輿を繰り出す、この「鶴ヶ城さくら祭り」。ソメイヨシノ、ヤエザクラ、そして、シダレザクラと、様々な桜が美しさを競い合うように咲き乱れる中、その約1000本の桜の華美にも負けない壮麗さで、きらびやかな神輿が担ぎ出されて行く。赤瓦の美しい天守閣の下で、法被姿の担ぎ手たちの威勢の良い掛け声が大きく響き渡る。会津の春の風物詩―。

こだわり・みどころ

昼の顔、夜の顔、ふたつの表情が楽しめる桜の祭典

桜が咲いているひと月ほどの間、鶴ヶ城公園ではライトアップが楽しめる。美しく輝く濠に土塁、石垣に桜。また、お堀の中を眺めると、鏡の中には、もうひとつの別世界。白く輝く夜桜の群像が、ゆらゆら水面に揺れる様は、夢幻のように美しい。

◇夜にも神輿はお渡りになる―、神輿と夜桜、その共演

長い冬過ぎて、桜眺める会津人の喜びを想う

「鶴ヶ城さくら祭り」の見どころは、なにも桜や神輿ばかりじゃない。担ぎ手たちが大きな「會」の字の旗を振って雄々しく舞う姿だったり、あるいは、桜を愛でる会津の人たち、その一人ひとりの表情だったり。そういった春を楽しむ祝祭的な光景こそが、もしかすると、この祭りの一番の見どころなのかもしれない。

◇長く厳しい冬だから、なお一層、会津の春は美しく

ニッポニアニッポン公式サイト

ページの先頭へ戻る