spot_title

永井炭成館

〒965-0044
会津若松市七日町5-13
TEL. 0242-22-2211

[営業時間]
9:30~18:30
定休日/不定休
[アクセス]
JR「七日町駅」徒歩1分
※駐車場あり(1台)

基本情報

JR「七日町駅」から徒歩1分という好立地にある「永井炭成館」。現在4代目を数え、燃料店を営む傍ら、店舗にて炭のインテリアや創作的なオブジェを扱い、日夜、ご夫婦で炭製品の普及に取り組んでいる。燃料としての炭ではなく、今や、消臭剤など生活の様々なシーンで実用的に使われている炭製品。そこから、さらに、インテリアとしての美しさも追求して―。ご夫婦で創った炭のアートも店頭に飾られており、七日町を訪れる観光客にも大好評。新しい炭の可能性を発見しに、さあ、「永井炭成館」を訪ねてみよう。

こだわり・みどころ

“心のぜいたく”としての、炭

炭は実生活の上で、多くの効用を発揮する優れもの。炭表面の無数の穴は空気をきれいにし、シックハウス症候群の予防に効果が期待できる。水道水に入れてやれば、いやな臭いが消え、さらに、ミネラル成分も溶け出して味もまろやかになる。店舗では、そんな炭をおしゃれなインテリア商品として紹介しており、会津産の楢(ナラ)の若木の炭で作った剣山などは、とても人気が高い。炭に挿すことで花も長持ちし、生活の中に美しい癒しの空間を演出できる。“心のぜいたく”としての炭、その可能性は、どこまでも広がる―。

◇菊型模様の断面が美しい「炭の剣山」小2個200円

代を重ねて4代目、“炭のあした”を見据えて―

炭に対する考え方は、現在、見直され始めている。昔の炭は、あくまで実生活の営みの中での“燃料”だったが、今の世での炭とは、心を豊かにしてくれる、“生活のプラスワン”―。闇川、下郷、三島など、全国有数の炭の産地として名高い会津の地にあって、4代に渡り炭に携わってきた「永井炭成館」は、“炭のソムリエ”として、“炭のあした”を、豊かに思い描く。

◇ 現在4代目―、看板にその誇り、宿る

ニッポニアニッポン公式サイト

ページの先頭へ戻る