スポットで巡る 八重ゆかりの地  繋がりの糸に導かれ、八重と歩く名所・旧跡

襄と八重ゆかりの、伝道の拠点21. 日本基督教団 会津若松教会

明治十五(一八八二)年、八重は、夫・新島襄と共に、
故郷・会津若松の地を訪れている。

襄にとっては初めての、八重にとっては、戊辰戦争後、
京都に旅立って以来、約十年ぶりの、会津だった。

八重はきっと、万感の想いで、会津の土を踏んだことだろう。

そうして、この地に、会津若松教会が誕生した。
この教会は、襄の東北伝道の拠点となった。

襄の「想い」が詰まった、この会津若松教会を、
八重は、晩年になっても、たいせつにし続けた。

ふたりは、この会津の地を出発点に、東北へと、
信仰が豊かに拡がっていくことを、願ったに違いない。

故郷の会津から東北へ、「えにし」つながり―。

■所在地  :  
福島県会津若松市宮町9-20
■連絡先  :  
0242-27-7997
■公共交通  :  
JR会津若松駅よりタクシー7分、バス停最寄り・千石町
■料金  :  
外観、見学自由
ニッポニアニッポン公式サイト

ページの先頭へ戻る