スポットで巡る 八重ゆかりの地  繋がりの糸に導かれ、八重と歩く名所・旧跡

激戦で散った、八重の父が眠る20. 光明寺

戊辰戦争終盤の激戦地である、門田一ノ堰(もんでんいちのせき)。

鶴ヶ城の南に位置する、この一ノ堰では、
補給路をめぐって、会津藩軍と新政府軍が戦った。

この戦いには、八重の父・山本権八も、
五十歳以上の藩士で編成される、玄武隊の一員として出陣し、
そして、壮絶にその命を散らしていった。

享年六十一歳だった。

権八は、戦場近くの光明寺に埋葬され、
一緒に戦った玄武隊士らと共に、この地で眠っている。

■所在地  :  
会津若松市門田町大字一ノ堰字村西500
■連絡先  :  
0242-32-7850
■公共交通  :  
会津鉄道会津線・南若松駅 → 徒歩10分
■料金  :  
見学自由
ニッポニアニッポン公式サイト

ページの先頭へ戻る