スポットで巡る 八重ゆかりの地  繋がりの糸に導かれ、八重と歩く名所・旧跡

戊辰戦争の記憶を、深く刻みこむ18. 阿弥陀寺

境内南にあって、ふわりと目を引く、御三階(ごさんがい)。
これは、戊辰戦争の戦火で、お堂が焼失したために、
替わりの本堂として、鶴ヶ城本丸より移築されたもの。

また、戊辰の殉難者慰霊のための、鐘楼もある。
老若男女が、銅銭や小判を持ち寄って建立した、想いの結実。

戊辰戦争の戦死者、千三百柱が埋葬されている阿弥陀寺。
ここには、戊辰の記憶が、今なお、深く刻まれている。

新撰組隊士・斉藤一の墓も、その記憶を宿すものの、ひとつ。

会津のために、最後まで新政府軍に挑み続けた「義」の男は、
終戦後も、会津人として生き、そして、誇り高く死んでいった。

現在、春と秋の彼岸には、殉難者の安らかなるを祈って、
供養会(くようえ)が、心を尽くして行なわれている。

■所在地  :  
福島県会津若松市七日町4-20
■連絡先  :  
0242-27-7445
■公共交通  :  
ハイカラさん・あかべぇ、七日町駅前下車すぐ
ニッポニアニッポン公式サイト

ページの先頭へ戻る