スポットで巡る 八重ゆかりの地  繋がりの糸に導かれ、八重と歩く名所・旧跡

激動の時代、その熱を感じる10. 会津新撰組記念館

戊辰戦争時、新選組副長・土方歳三が宿泊した清水屋旅館跡や、
会津新選組隊長・斎藤一(藤田五郎)が眠る阿弥陀寺―、

新撰組とゆかりのある、七日町の地。

その七日町に、「会津新撰組記念館」は、ある。

明治二十二(一八八九)年に建てられた店蔵を利用して、
その二階に、幕末・戊辰戦争時の貴重な資料が展示されている。

現在は、二〇一三年のNHK大河ドラマ「八重の桜」に合わせて、
「山本(新島)八重と鉄砲展」を開催中。

実際の歴史的資料を通して、八重たちの熱を、より近くに―。

■所在地  :  
福島県会津若松市七日町6-7
■連絡先  :  
0242-22-3049
■公共交通  :  
ハイカラさん・あかべぇ、七日町中央下車 → 徒歩3分
■料金  :  
大人300円(5名以上200円)
小中学生200円(5名以上150円)
ニッポニアニッポン公式サイト

ページの先頭へ戻る