スポットで巡る 八重ゆかりの地  繋がりの糸に導かれ、八重と歩く名所・旧跡

唯一残る、日新館の遺構9. 藩校日新館天文台跡(市指定史跡)

藩校日新館は、戊辰戦争の際に焼失している。
会津藩自らが、新政府軍に軍事利用されるのを防ぐため、
鶴ヶ城の西出丸から、悲痛の思いで、火矢を放った。

その日新館の施設で、唯一現存しているのが、
この、藩校日新館天文台跡。

基底十二間余、台上方五間半、高さ三間半。
天文学習のための観測場として、利用されたという。

藩祖・保科正之(ほしなまさゆき)が渋川春海(はるみ)に暦作りを命じ、
以来、会津では、天文学が栄えた。

天文台がある藩校は、全国でも珍しい。

■所在地  :  
福島県会津若松市米代1-1-56
■公共交通  :  
ハイカラさん・あかべぇ、鶴ヶ城入口下車 → 徒歩10分
路線バス、鶴ヶ城西口下車 → 徒歩3分
■料金  :  
見学自由
ニッポニアニッポン公式サイト

ページの先頭へ戻る