スポットで巡る 八重ゆかりの地  繋がりの糸に導かれ、八重と歩く名所・旧跡

死地にありて、なお時を告ぐ6. 鶴ヶ城 鐘撞堂

このお堂の鐘を撞いて、
昼夜、時刻を報らせる、時守(ときもり)たち。

戊辰の戦時下においても、彼らは一切ひるむことなく、
正確に時を報じ続け、城内の同胞を大いに励ました。

それを煩わしく思った新政府軍は、
この鐘撞堂(かねつきどう)に、砲火を集中させる。

飛び交う銃弾の中、それでも、時守は鐘を鳴らし続ける。
被弾し、相次いで斃れるも、
決して、時を告げる己の使命を、忘れずに。

開城まで、その鐘が絶えることは、ついになかった。
鐘の音で、銃弾に立ち向かった時守たち。

会津の意地と誇りを、満天下に示した。

■所在地  :  
福島県会津若松市追手町1-1
■連絡先  :  
0242-27-4005(会津若松市観光公社)
■公共交通  :  
ハイカラさん・あかべぇ、鶴ヶ城入口下車 → 徒歩5分
■自動車  :  
磐越自動車道・会津若松ICから15分
■駐車場  :  
西出丸駐車場・普通車200台
三の丸駐車場・普通車38台 ・大型車5台
南口駐車場・普通車35台
※いずれも有料
ニッポニアニッポン公式サイト

ページの先頭へ戻る