スポットで巡る 八重ゆかりの地  繋がりの糸に導かれ、八重と歩く名所・旧跡

八重も幼少より仰ぎ見た、会津の象徴4. 鶴ヶ城 天守閣(国指定史跡)

鶴ヶ城の歴史は、今からおよそ六三〇年前、
葦名直盛(あしななおもり)が築いた「東黒川館」より始まったとされている。

戊辰戦争では、一ヶ月に及ぶ籠城戦を通して、
新政府軍の激しい砲撃に耐え抜いており、
難攻不落の名城と、その名を広く全国に知らしめた。

平成二十三(二〇一一)年には、
赤瓦の葺(ふ)き替えが完成し、
幕末の頃の姿が、再現されている。

八重が仰ぎ見た天守も、きっとこんな眺めだったろう。

天守閣の内部は、現在、郷土資料館になっており、
会津の歴史を、正しく、今に伝えている。

■所在地  :  
福島県会津若松市追手町1-1
■連絡先  :  
0242-27-4005(会津若松市観光公社)
■公共交通  :  
ハイカラさん・あかべぇ、鶴ヶ城入口下車 → 徒歩5分
■自動車  :  
磐越自動車道・会津若松ICから15分
■駐車場  :  
西出丸駐車場・普通車200台
三の丸駐車場・普通車38台 ・大型車5台
南口駐車場・普通車35台 ※いずれも有料
■料金  :  
天守閣・大人400円、小中学生150円
麟閣共通券・大人500円、小中学生150円
ニッポニアニッポン公式サイト

ページの先頭へ戻る