スポットで巡る 八重ゆかりの地  繋がりの糸に導かれ、八重と歩く名所・旧跡

八重が自ら、墓碑銘の筆を執る3. 大龍寺 山本家之墓

昭和六(一九三一)年、八重は、散在していた山本家の墓を、
大龍寺に合葬し、墓標を建立した。

その墓標に書かれた「山本家之墓」の文字は、
八十七歳になった八重の手によるものとされている。

晩年にあっても、その筆致は、
なおも凛々(りり)しく、伸びやかに―。

そして、この碑を建立した一年後、
八重は京都の自宅で、静かに息を引き取っている。

墓は京都の若王子、夫・新島襄のすぐ傍らに、眠る。

■所在地  :  
福島県会津若松市慶山2-7-23
■連絡先  :  
0242-27-9376
■公共交通  :  
JR会津若松駅 →会津バス市内回り(飯盛山回り・鶴ヶ城回り)、
慶山下車 → 徒歩5分
■自動車  :  
JR会津若松駅から12分
■駐車場  :  
普通車20台
■料金  :  
自由拝観
ニッポニアニッポン公式サイト

ページの先頭へ戻る