スポットで巡る 八重ゆかりの地  繋がりの糸に導かれ、八重と歩く名所・旧跡

山本家や、多くの会津藩士が眠る2. 大龍寺

武家社会の礼儀作法を伝える小笠原流の祖・小笠原長時。
天保年間、その長時によって、大龍寺の前身が創建される。

その後、寛永二十(一六四三)年に保科正之(ほしなまさゆき)が
会津に入り、そうして「大龍寺」と現在の寺号に改められている。

本堂の裏には、四季の移ろいを鮮やかに映す、遠州流の庭園―。

秋には、京都の高雄、嵐山から移植した、
「大龍寺のかえで」が、裏庭の小世界を赤々と染め抜く。

本堂前には、「戊辰戦争殉難殉節供養の碑」があり、
ほかにも、和算家・暦学者の安藤有益(ゆうえき)をはじめとして、
数多くの会津藩の名士や士族が、この境内で眠っている。

山本家の墓も、この大龍寺にある。

■所在地  :  
福島県会津若松市慶山2-7-23
■連絡先  :  
0242-27-9376
■公共交通  :  
JR会津若松駅 →会津バス市内回り(飯盛山回り・鶴ヶ城回り)、
慶山下車 → 徒歩5分
■自動車  :  
JR会津若松駅から12分
■駐車場  :  
普通車20台
■料金  :  
自由拝観
ニッポニアニッポン公式サイト

ページの先頭へ戻る