スポットで巡る 八重ゆかりの地  繋がりの糸に導かれ、八重と歩く名所・旧跡

八重の生涯の、はじまりの処1. 山本覚馬・新島八重生誕の地碑

八重は、父・山本権八と母・佐久の三女として、
弘化二(一八四五)年十一月三日に、
鶴ヶ城土手内、米代四之町(よねだいしのちょう)にて、生を享(う)けた。

碑は現在、米代二丁目にあるが、実際の生家は、
そこから西へ五十メートルほど歩いたところに位置していた。
その東隣には、白虎隊士・伊東悌次郎(いとうていじろう)の宅があった。

父・権八は藩の砲術指南を勤めていて、
その環境が、八重を銃術に親しませていくことになる。
兄には、後に京都府顧問となる、山本覚馬(かくま)がいた。

八重の偉業の素地は、すでに生家にて、豊かに培われていた。

■所在地  :  
福島県会津若松市米代2
■連絡先  :  
0242-23-8228(会津若松市「八重の桜」プロジェクト協議会)
■公共交通  :  
JR会津若松駅 → 若松市内循環バスで11分、
バス停米代2丁目下車 → 徒歩2分
■自動車  :  
磐越自動車道・会津若松ICから7キロ
■駐車場  :  
なし
■料金  :  
見学自由
ニッポニアニッポン公式サイト

ページの先頭へ戻る