スポットで巡る 八重ゆかりの地  繋がりの糸に導かれ、八重と歩く名所・旧跡

「八重の桜」オープニングを飾る22. 会津五桜の一 石部桜(市指定天然記念物)

飯盛山の北に広がる田園地帯のただ中に、
周囲とは隔絶された、孤高の美しさを湛えながら、
凛然と枝葉を伸ばして立つ、桜の大木がある。

樹齢六百年を超えると言われる、会津五桜の一、石部桜。

中世の会津を治めた葦名氏の重臣・
石部治部大輔の庭にあったことから、その名で呼ばれた由。

枝張りは二十メートルにも及び、満開時に眺むれば、
まるで、天に艶やかな円蓋が現れたよう。

ソメイヨシノより早咲きの、このエドヒガンは、
二〇一三年、NHK大河ドラマ「八重の桜」の、
オープニング映像を、鮮やかに飾る。

幹が八本に分かれた、その威風堂々たる姿、
そして、周囲の桜に先駆けて咲く、先駆性、力強さ―、

石部桜は、八重という女性に、よく似合う。

■所在地  :  
福島県会津若松市一箕町大字八幡石部
■連絡先  :  
0242-39-1251(会津若松市観光課)
■公共交通  :  
JR会津若松駅よりバス15分、バス停「飯盛山下」下車→徒歩15分
■自動車  :  
磐越道会津若松ICから約10分
■料金  :  
見学自由
ニッポニアニッポン公式サイト

ページの先頭へ戻る