vol.1 「会津もめん」原山織物工場・原山公助代表

伝え、繋げ、今に活かす

「会津もめん」 伝承の物語り

四方を豊かな山地・山脈に囲まれた、会津平。

この古きをよく保存する盆地にあって、四百年にも渡り、受け継がれてきた、ひとつの「文化」がある。

「会津もめん」。

会津人の一徹にして気取らない気風そのままに、「会津もめん」は、素朴で実用的な生活布として、会津の地に根付き、会津の人びとに愛され続けてきた。

しかし、そんな「会津もめん」だが、昭和三十年代以降、社会の消費構造の変化に伴い、その織元は、年を追うごとに減少。

現在では、ただ二軒の織元が、「会津もめん」の伝統を、伝え、繋げ、今に生かしている。

これは、「会津もめん」の、伝承にまつわる物語り―。

伝統、四百年

「会津もめん」はじまりのはなし

はじまりは、会津藩主・蒲生氏郷公による、綿花栽培の奨励。

それから、伊予松山より国替えとなった加藤嘉明公が、会津のその豊かな素地に、旧領地・松山の織師の技術を植え付けた。

その後、寛永年間、藩主・保科正之公の推奨を受けて、さらに大きく発展を見た、「会津もめん」。

その伝統、脈々と、実に四百年。

明治三十年代になり、「豊田織機」の自動織機が普及しはじめ、そうして、紡糸紡績業が時流を得て躍進。明治後期から大正にかけて、「会津もめん」は最盛期を迎えた。

その間、会津人は、己が実直を映す鏡のような、この「会津もめん」の純朴さを、深く深く愛し、そして、たいせつに守り続けてきた。

地球のユニフォーム

会津の山川草木と共に

国産綿のみを使った、実用的な野良着であり普段着。

それこそ、「会津もめん」が一途に貫いてきた、ひとつの美意識だった。

農閑期の副業として発展した「会津もめん」は、丈夫で機能的。夏涼しく、冬暖かい。適度に湿気も保つ。

柄数は多く、様々な発色も可能だが、「会津もめん」と言えば、基本的には、素朴な縞柄。着色も、自然より頂いた色、草木染め。

昔より、山川草木の恵みを受け、織られてきた「会津もめん」。それ故、地域ごとに、その縞柄も異なる。

猪苗代縞、南会津縞、西会津縞、そして、青木縞と、地域差から、豊かな個性が生まれてきた。

地縞。

それは、長い年月の洗礼を乗り越えて、分ちがたく、その土地と結びついた、自然からの贈り物、地域のユニフォーム。

人の機会の共同作業

ノスタルジックで、メカニカル

「会津もめん」には、人の手を介した“温かさ”が宿る。織りの工程からも見える、そのぬくもりの理由―。

織り場では、自動織機や整経機が、がしゃこん、がしゃこん、建家全体を鳴り響かせて、一生懸命、働いている。

決して洗練された働きぶりではない。静かなオフィスで叩かれるキーボードの音とは、土台、ちがう。

もっと、ノスタルジックで、メカニカル。むき出しの機械が、汗水垂らして、機を織る

その働き者の機械たちと、会話するかのように、職人たちは、丹念にボビンを据え、糸を通す。

もう、部品の替えもないような、歳を経た彼らを、職人たちは、たいせつに慈しむ。もっともっと、一緒に働こうよって、愛おしむ。

人と機械との距離が、今よりもずっと近かった頃の、あたたかくて懐かしい、共同作業。

伝承する者

「原山織物工場」が守ってきた風景

「会津もめん」の“温かみ”―、それは何より、染め糸の色、深い藍。

この素朴で郷愁すら感じさせる藍色の風合いは、職人の技と想いがあって、初めてつくられる。

この伝統的な染めの技を、正しく今に伝えるのが、「原山織物工場」の代表・原山公助さん。

「会津もめん」における「藍染」の技、その、ただひとりの伝承者。

「原山織物工場」は、明治三十二年に、会津若松市日吉町の地で業を興し、以来、同じ場所で、「会津もめん」の伝統を、営々と守り続けてきた。

創業当時より残る染め場を始めとして、それぞれに歴史を刻む、母屋や機織場。

中庭では、竹竿に掛けられた染め糸が、風に棚引く。

いつも変わらない、この美しい風景。しかし、その裏側には、伝承者の苦悩と、そして、夢があった。

原山公助 継承の物語

経営の苦しみが、まずあった

以前、原山さんは、横浜で全く別の仕事をしていた。二十二になり、親族の勧めもあって、家業を継ぐことにした。

世継ぎとして生まれた原山さん。

「会津もめん」の伝統を継ぐということは、原山さんにとって、ある種、宿命的なことだった。

一般社会での仕事を経験し、それから家業に触れた。衝撃の連続だった。

家族経営の難しさに加え、伝統的な「技」の継承が絡む世界。特殊な家業と一般社会との、ギャップに苦しんだ。

そして、四年前に代表になってからは、まず、経営の問題が両肩に重くのしかかった。

手間とコストのかかる「藍染」を、何度、辞めてしまおうと考えたことか。実際の行動に起こしたことさえ、あった。

やってて、よかった

深く静かな、藍

しかし、伝統に対する責任が、原山さんを押し止めた。

代々、連綿と受け継がれてきた「藍染」の技を、自分の代で絶やしてしまって、本当にいいのか?それで、お客様に顔向けできるのか?

そうした想いに突き動かされて、代表として、がむしゃらに、数年を駆け抜けた。

そしていつしか、経営という大きな壁を乗り越えていた。

原山さんは染め場に立つ。経営に対する煩いを克服し、職人として、純粋無垢な集中の世界に、身を浸す。

藍甕を覗くと、そこにあるのは、風ひとつない夜の湖面のような、深くて静かな、藍。三分の一に、「藍の華」を咲かせている。

原山さんは、その藍の小さな「声」に耳をすましながら、幾度も幾度も、糸を浸ける。

そうして完成した「藍染」の布を、喜んで求めるお客様の笑顔。―やってて、ほんとうに、よかった。

そう思える瞬間の、大きな大きな、しあわせ。

愛されて、文化は生きる

「会津もめん」の、あしたのために

「会津もめん」伝承者としての、原山さんの夢、願い。

それは、「後継者」を得るということ。

将来的には、職人としても、経営者としても、任せられる「後継者」を、見つけたい。

次代に繋ぐ。

これこそが、伝統を背負った当代が、一番に思うこと。伝承者の、真実の願い。

「藍染」だけではない。織り場も後継者を求めている。伝承していく難しさは、現実的な問題として、厳然とある。

しかし、「会津もめん」を愛し、守りたいと思ってくれる人たちも、確かにいる。

そして、そのエネルギーは、大きい。―愛してくれる人がいて、文化は生かされる。

原山さんは、そういう人たちの想いに支えられながら、「会津もめん」の明日を、豊かに想い描いていく。

  • シェアする
  • ツイートする
Prev
Next
ニッポニアニッポン公式サイト

ページの先頭へ戻る