vol.2 「会津東山芸妓」八重牡丹 まり若さん

愛でられて輝く、会津の華

「東山芸妓」 伝承の物語り

山間の渓流に沿って展がる、会津の奥座敷、東山温泉。

千三百余の長き歴史を有する、この温泉境。

その明媚な地にあって、多くの名士や観光客に愛されてきた、ひとつの文化がある。

「会津東山芸妓」。

江戸の頃より、脈々と受け継がれてきた、この会津東山の芸妓文化。

艶やかにして、晴れやかな、愛でられて輝く、会津の華―、

「会津東山芸妓」の、伝承の物語り。

からんころんと、芸妓が通る

次代に繋ぐ、「おもてなし」

からんころんと、下駄を鳴らし、芸を売りて身を立てる、やれ、芸妓衆が、道を行く―。

島田髷に、白粉化粧、着物姿も艶やかに、その歩くさまも、また、やわらかく。

芸妓らは、抱え元である置屋に籍を置き、求めに応じて、旅館や料亭に出向いていく。

下は十八の頃より、姐さんに付き、その立ち居振る舞いや、技芸を眺め、己の範とし、学びとしていく。

襖の開け閉めや、お辞儀といった、何気ない所作こそ、芸の麓。

日々を怠ることなく、営々と―。

そうして、姐さんから次代へと、受け継がれていき、今日にある。

「おもてなし」の心技を伝える、誇り高き、芸妓の文化。

粋な大人のたしなみ

東山芸妓、伝統の遊び

湯けぶり昇る、会津東山の温泉街に、明治以前から、綿々と代を重ねてきた「会津東山芸妓」。

昭和三十年代には、最盛期を迎え、当時は、二百名を超える芸妓衆を抱えていたという。

しかし、それ以降は、置屋も芸妓も、その数を徐々に減らし、現在では、二十数名の芸妓衆が、その粋な技と文化を、今に伝えている。

芸妓衆は、東山温泉の宿泊客を中心に、艶がありながらも、からりと明るいお遊びで、陽気に、洒脱に、「おもてなし」。

立方は、美しく踊り、地方は、三味線や、鼓などの鳴り物で、伴奏を添える。

そのほか、邪気のない酒飲みの、大らかな遊びが、さまざまあって―、

さてそれは、遊んでみての、お楽しみ。

ともあれ、お座敷遊びは、いつの世も、粋な大人の、洒落たたしなみ。

会津に守られ

芸妓衆の努力、報われんことを

芸妓と、お座敷遊びに、からりと興じる―、そういう鷹揚なお客は、現在、全国的にも、確かに少なくなった。

ありし日のように、旦那、お大尽がいる時代でもない。

しかし、そんな中でも、この会津東山の地で、「東山芸妓」の文化が、今に残されているのは、会津という地域の支えに依るところが、大きい。

地元・会津の人たちが、どうせ飲むなら、伝統ある東山の芸妓衆と飲もう、と、贔屓にしてくれる、その、おかげさま。

しかし、それはつまり、「東山芸妓」が、会津の守るべき文化として、会津の志ある人びとに、愛されているということ。

芸妓衆一人ひとりの、ひたむきな努力は、会津人が抱える、大きな郷土愛によって、あたたかく、包まれ、報われる―、

そう、これからも、きっと。

芸妓文化の伝承者

「八重牡丹」まり若、快活に学ぶ

左の指先で着物の褄を取りながら、右手に持つ扇子を、柔らかく、ひらりひらり。

「会津東山芸妓」の、置屋のひとつ、「八重牡丹」に籍を置く、芸妓・まり若さんの、お座敷での踊りを見る。

芸妓文化の伝承者としての、その凛と洗練された、舞いの美しさ。

一方で、その生来の明るく快活なお人柄も、ふわりと、やさしく匂い立つ。

まり若さんが、芸妓をはじめた、きっかけは―、

妹さんが、まず、この芸妓の扉を叩き、そして、その晴れの姿を目にした時に、瞬間的に、憬れて。

その憬れひとつで、この世界に入り、そして今、お座敷での多くの出逢いを、愉しんでいる。

人に触れ、芸に触れ、学びに満ちた、この環境がありがたくて、

そう言って笑う、まり若さんの笑顔は、清々しい。文化に生かされ、文化を生かし―。

芸妓さんの、すがお

ぱちりぱちり、切り替えて

伝統ある芸妓文化の伝承者も、普段着になれば、ごく普通の、朗らかな女性。

プライベートでは、スノーボードもするし、興味を持ったら、持ち前の瞬発力で、まずは、何でもやってみる。

もちろん、カラオケにも行くし、晩酌だってする。当たり前と言えば、当たり前のこと。

芸妓に対する格式張ったイメージは、ただの、イメージ。

色眼鏡を外して、眺めてみれば、芸妓さんは、案外に自由で、ざっくばらん。

着物、普段着と、身に纏う衣を替えることで、ぱちりぱちり、「芸妓」と「プライベート」を切り替えて―、 大事なのは、そのけじめだけ。

そして、普段、綺麗でいるために、特別何をするではないが、美しいものを、美しいと思える感性、そればかりは、たいせつに、胸に抱いて。

西川流名取 西川籐八

深き技を、その背に宿し

まり若さんは、この芸妓名のほかに、もうひとつの名前を、持っている。―西川藤八。

日本舞踊における、五大流派のひとつ、西川流のご宗家より、技能が達したとして頂いた、誉れある、名取名。

日本舞踊の名取を目指すことは、芸妓に、必ずしも求められることではないが、これは大いに、己の心意気の問題だった。

名取の襲名披露、その式は、絢爛にして豪華な、一世一代の晴れ舞台。

人間国宝・西川扇蔵より、芸名を授かったという、その意味を噛み締める。

「西川藤八」の名は、誇りであり、心構え。もはや、恥となる芸は、見せられない。

名取となり、得たものは、さらなる精進の糧としての、太い太い、背骨だった。

伝承者の美意識、透徹たり。

「東山芸妓」と、小粋にあそぶ

触れられ続ける文化でありたい

「会津東山芸妓」の、伝承者・まり若さんが願うこと。

―残す、ということ。

かつての日本人が、伊達に、粋に愉しんだ、この芸妓文化を、会津の地から、失くしたくない。

そのためには、地域の支えを頼むばかりではなく、芸妓自らも、会津のために資する努力が必要となる。

例えば、積極的に、美しい会津弁を使っていこう。会津の地域性を、より強く、アピールしていこう。

そして、若い人たちも、固く構えずに、もっと気楽に、利用してもらいたい。

文化は、触れられることで、命を延ばす。

往事の日本人が持っていた、気持ちの良い、磊落さと、粋な妙味を解する、ちょっと知的な遊び心。

今の日本人だって、きっと愉しめる―、艶あり、笑いありの、からりと小粋な、芸妓遊び。

  • シェアする
  • ツイートする
Prev
Next
ニッポニアニッポン公式サイト

ページの先頭へ戻る