vol.1「いろりの宿 芦名」

ありのまま

「いろりの宿 芦名」の物語り

会津若松市の中心地から程近くに、市街とは別天地とも思える、温泉楽土がある。

渓流には清爽の気が漲り、山気は心地よく肌を撫でる。

会津東山温泉。

行基上人により発見されて以来、星霜重ねて、実に千三百余。

その伝統ある温泉郷のなか程に、衒わず、気取らず、ありのまま、ふわりと佇む旅籠が、ひとつ。

時がゆるりと歩む場所。「いろりの宿 芦名」の物語り。

自然体の 「和」のせかい

古物息衝き、懐かしき

会津を治めた、あの「葦名」氏。

その名にちなんだ「いろりの宿 芦名」だが、当のお宿には、全く鯱張ったところはない。

形式的な敷居など、ほいと、さっぱり取っ払い、お出迎えには、心よりの、「ほんもの」の笑顔。

そして、お宿の中には、囲炉裏に土瓶に階段簞笥、柱時計はこちこちと―、そんな古物が、気取るでもなく、ごくあたりまえに、そこにある。

日本人の心底に、確かに息衝く、「和」への愛着。

それを心地よく、やさしく、くすぐる、旅籠芦名、自然体の「和」のせかい。

神様が通った

名士唸らす、会津「湯」源郷

湯は澄明、肌当たりはさわさわと、露天の岩風呂に、ゆるりと浸かって、ほうとひとつ、長大息。

東北の三楽郷のひとつである、この会津東山温泉は、実に多くの名士に愛されてきた。

野口英世に与謝野晶子、そして、新撰組の土方歳三。なかでも、あの漫画の神様・手塚治虫は、「いろりの宿 芦名」とは、特に、縁深い。

作中に、旅籠芦名の前身を登場させている。

原瀧千人風呂から、芦名まで通じる地下道を、手塚治虫のキャラクターが通って―。

漫画の神様さえも魅了する、会津のお宿、その名泉。

そんな先人たちと、同じ湯に浸かっている。それが、しみじみありがたく、またひとつ、ほうとゆっくり、息を吐く。

囲炉裏まんなか、 芦名時間

橙、ぽぽぽ―完璧に天然

暖色に室を照らす、囲炉裏の中の優しい炭火。

その温かい火の元を、心許す友や家族で囲み、会津の郷土料理を、ゆるり、愉しむ。

世事を忘れさせてくれる、飄逸のひととき。

遡上限界点より上流に生息する、天然岩魚を、会津の炭火で焼いて、食べる。頭から、そのまま、食べる。

身に橙色の斑紋が、ぽぽぽ、と付いている。真の天然物にしか見られない、活きのいい野生児のサイン。

この岩魚は、齢七十を越えた釣り師が、朝日と共に会津の川を上り、獲ってくる。

これはもう、完璧にして最高の、「地」の食材。

会津女人の、凛

会津の「声」は、いま―

この時代、この会津の地で、旅館を切り盛りする和田女将。その女将にとって、到底、無視することはできないこと。

原発のこと。

会津は何も変わってないんですよ。何にも変わってないのに、周りから相手にされなくなってる。

震災から、一年半が過ぎた。しかし、復興、とは何だろう?

現状、会津の上げる悲痛な「声」に、耳を傾ける者は、残念ながら、そう多くはない。

それでも、会津人は我慢強い。なよなよと不平や弁明は、口にしない。

和田女将は背筋をぴんと伸ばし、涼やかに、続ける。

泣きたいくらいだけれど、意地は、張りたいね。

忍耐。 その中でも、決して項垂れず。

凛とした、この会津女人のまなざしは、決然と前に前に、真っ直ぐと。

春の桜に、冬の雪

会津の季節、愛し愛し

和田女将の、好きな季節。

それは、会津の、春。桜咲き、若草芽ぐむ、再生の季節。

やっと桜が咲いたあって。待ってましたあって。

和田女将は、からりと華やいだ声を出して、言う。

そのようすからは、桜の恋しさと共に、冬の厳しさも、伝わってくる。でもね、と和田女将は続ける。

でもね、冬は寒いけど、夜の雪、朝の雪、すごく綺麗。本当にね、拝みたくなるくらい。

夜、月明かりの中、しんしんと。雪がさわさわ積もる音ばかりが聞こえてくる。その静謐。

朝、陽光に照らされて、きらきらと。世界の始まりのように、光が生き生きと踊る。その輝き。

夜があって、朝が来る。冬、過ぎて、春、花開く。

めぐるめぐる、再生のとき。

和田女将は、会津の朝を、会津の春を、愛しげに愛しげに、待ち望む。

会津への「想い」、 ありき

旅人と生産者の架け橋

会津の安全でおいしい「食」を、県外から来た旅人たちに、伝えたい。

そして、この会津の地で、産物と真正面から向き合っている、誠実な生産者の、架け橋になりたい。

ただ、その「想い」があるばかりだった。

会津名物の馬刺から、有機野菜、それに蕎麦に至るまで、万事において、その「想い」は一貫している。

そして、その「想い」が共鳴して、「志し」を同じくする、大勢の仲間ができた。

すると自然に、豊かな「地産」が、芦名に集まってきた。

そう、会津には、ほんとうに、良いものが、たくさんある。

これが芦名の、おもてなし

おかえり、ただいま

「いろりの宿 芦名」では、和田女将を始め、従業員はみな、旅人を笑顔で、こう迎える。

おかえりなさい。

ただの愛想ではなく、ましてや、媚びなんかではない。

単純に、一個の人間同士の、礼節と愛着交えた、心からの、ご挨拶。

その真っ直ぐな笑顔は、旅人の心の垣根を、一瞬で取り除いてくれる。

ただいま。

素直に旅人の口から衝いて出る、その言葉。

女将さんたちの「ほんもの」の笑顔に触れた時には、もう、このお宿は、ふるさとになっている。

自然体、これが芦名の「おもてなし」。どこまでも、どこまでも、ありのまま。

  • シェアする
  • ツイートする
Prev
Next
ニッポニアニッポン公式サイト

ページの先頭へ戻る