vol.1 「きもの伝承 きずな」三澤広明さん

会津の地より、「きもの」を伝う

「きもの伝承 きずな」三澤広明の物語り

時に華美にして、時に侘び。

「きもの」という、薄い衣の裏側に、この国の歴史、文化、そして、誇りを見て―。

先の震災の影響が執拗く残る、つらく厳しい時節にあっても、ゆえに一層、声を上げ、

この会津の地より、「きもの」を通して、会津の元気を、日本の誇りを、伝えていく。

日本の民族衣装たる、「きもの」の普及を、己が使命と心に定め、挑み、そして、行動し続ける会津人―、

「きもの伝承 きずな」三澤広明の物語り。

きっと会津も苦しかろ

会津の地での縁むすび

あの震災が起こった二〇一一年は、人生の中で、最も泣いた一年だった。

家族を、友人を、たいせつな人たちを守るために、男泣きに泣いた、一年だった。

自分の夢を傾けた呉服・和雑貨店、「きもの伝承 きずな」も、震災がもたらした副次的な影響によって、深刻な被害を受けた。

この会津の地より、「きもの」を通して、会津の元気を、日本の誇りを、伝えていく。

家長として、家族を養っていかなければならない、その焦りと不安の中でも、しかし、心のどこかで、思うこと。

きっと、会津も、苦しかろう、そして、日本も、つらかろう、なにより、みなの心が、痛かろう。

そうして、二〇一二年、同じ想いを抱く者同士、三澤さんと『会津物語』は、出逢った。

三澤さんは、今では、コーディネーターとして、『会津物語』と現地のご縁を、豊かに結んでくれている。

見上げる御城の、その大きさよ

愛郷の芽は健やかに

少年のころ、暇さえあれば、鶴ヶ城を見上げていた。

荘重な石垣に、雄大に聳える天守―、

誰に教わるでもなく、時の堆積というものの尊さを、肌で、理解していた。

生家は代々、商人の家系だった。「丸に木瓜」の家紋からは、連綿として続く、ご先祖の存在を、鮮やかに、そして、重々しく、感じた。

会津の城下町の風景と、旧家の雰囲気―、そのふたつが、少年の原風景だった。

そして、三澤少年の胸には、ごく自然に、郷里への愛情が、芽生えていった。

人への感謝の、その気付き

「きもの」文化の入り口に立つ

就職して後、アパレル販売や、食品製造など、紆余曲折を経、二十七にして、己の進むべき道の、その入り口に立った。

荘重な石垣に、雄大に聳える天守―、

必死に仕事をし続け、多くの価値観とぶつかり、そうして、辿り着いたのは、少年のころに親しんだ、和文化の世界だった。

愛着のある和の文化を扱い、商家、三澤家の再興を―、三澤青年は、青雲の志を抱いた。

しかし、それは、多分に表面的な、自我の発露だったのかもしれない。

そこへ、東京の恩師の導きがあった。事業をはじめる前に、世界を一ヶ月強、見て回った。

それから、「きもの」の勉強のため、車に布団を詰め込んで、全国の産地を訪ね、教えを請うて廻ったりもした。

振り返れば、青年のひとりよがりの客気は消え失せ、全国に、教えや気付きを与えてくれる、幾人もの友や師を、得ていた。

屋号の「きずな」 宿る想い

今なお、成長のさなかにあり

「きもの伝承 きずな」を開店し、会津の地で商売をはじめて、無我夢中のうちに、はや十年以上の月日が経っていた。

日本全国を巡り、県内外の友や師、そして、お客さまと出逢えたのは、大きな財産だった。

全国という視点、尺度から、己の立脚地としての「会津」を、客観的に見る機会を得ることができた。

そうして、いつしか、表層的な虚飾は影を潜め、この会津の地で、「きもの」という文化と向かい合い、関わってくれる人びとに、より一層の深い感謝を。

「きもの伝承 きずな」―、その屋号に、一切の偽りなし。

それでも、商売する上で、壁にぶつかることもあったろう。あの震災にも、大きく心、抉られたことだろう。

それでも、折れず、逃げず、誤摩化さず―。

さまざまな迷いはあろうとも、三澤広明、今なお、成長のさなかにあり。

「きもの」を纏うということ

会津より、日本を謳う

「きもの」に袖を通し、博多織の角帯を“片ばさみ”に結ぶ―。

さわりと流れるような、三澤さんの着付けは、まるで「型」を見るように美しい。

このたわやかな日本の民族衣装は、触れるたびに、また新たな感動を生み、その文化的な豊かさの泉は、なお滾々と、涸れることはない。

「きもの」を纏うということは、ただ、布を被るということでは、決してない。

日本の文化を纏い、歴史を纏い、先人が培ってきた精神性を纏うということだ。

三澤さんは、願う。

自分が感動をもって、この十年間で得てきた、かけがえのない気付きが、全国の人たちにも、伝わらんことを。

そして、今日もまた、「きもの」から、新たな感動を得て、伝えるべきは、なお豊かに―。

出逢い、動き、浩がる

一期一会、人との出逢いに感謝して

会津を愛し、日本を想い―、

波紋のように伸びやかに、拡がっていく三澤さんの“志し”。その根本は、何と言っても、「人」にある。

家族や友人、取引先の方々、そして、一期一会のお客さま。

そういった自分の愛する人たちが、しあわせになってくれればと、ひたむきに願う。

その愛情の深さゆえ、傷つくことも、多々あった。誤解されたことだって、一度や二度ではなかった。そのたびに、傷付いて、もがきもした。

それでも、三澤さんは、「人」を想い、「行動」することを、やめはしない。

迷うぐらいなら、「動く」。

『会津物語』が三澤さんと出逢い、そこから、新しい「動き」が生まれたように、これからも、この会津の地では、 多くの出逢いがあり、「動き」が生じていくに違いない。

そして、その「動き」一つひとつが響き合って、会津の未来は、大きく豊かに、浩がっていく。

『会津物語』に、託したい

感動と覚悟を胸に抱いて

現地のコーディネーターとして、幾日もの間、大事なお店を留守にしてまで、『会津物語』の取材協力に尽力して下さった、三澤さん。

只々、私心なく、会津がよくなるように。

この会津という土地のために、真の地域ブランディングを成し遂げるには、やはり、現地における、三澤さんのような、密な協力者の存在を欠くことはできない。

三澤さんは、取材に際して、こんなことを言ってくれた。

自分に誇れるもの、今まで、この会津の地で精一杯生きてきて、地域の「信頼」と「人との繋がり」を、たいせつに築いてきた。

その財産を、『会津物語』に、託したい―。

わたしたちスタッフは、心が奮えた。

三澤さんから、命にも等しいものを託され、そして、会津の懐へと、迎え入れてもらったのだから。

その感動と覚悟、二つながらを、ぐっと胸に抱き、『会津物語』は、会津の真の声を、伝え続ける。

  • シェアする
  • ツイートする
Prev
Next
ニッポニアニッポン公式サイト

ページの先頭へ戻る